機体登録記号標(ナンバープレート)ABOUT

当社の機体登録記号標(ナンバープレート)の特長

製品仕様について


【材質】A5052P-H34(重量区分25㎏未満用) SUS304相当(重量区分25㎏以上用)
母材であるA5052P-H34は、融点こそ660℃と比較的低いのですが、光を反射しやすく高い熱伝導率から溶解しにくい材料です。
耐衝撃性、耐候性、耐水性、耐薬品性、非磁性、質量、また飛行時の電波の影響等を考慮した結果、同材質といたしました。
※重量区分25kg以上用はSUS304相当の材料を使用しています。
【表面処理】二次電解着色(重量区分25㎏未満用) アベルブラック発色法(重量区分25㎏以上用)
耐候性と耐熱性に優れた二次電解着色法を採用しています。
これは母材表面を改質して被膜を生成し着色する方法なので、塗装とは異なり母材表面から剝がれることはありません。
顔料や塗料を使っていませんので、紫外線にさらされる屋外での使用でも脱色することなく半永久的に良好な色合いを保持します。
被膜はセラミックに近い性質をもつため、短時間であれば直接炎にさらされても問題なく、さらには母材の熱伝導率と相まって極めて溶解しにくい性能を発揮します。
※重量区分25kg以上用は金属感を残したままステンレス素材に色をつけることができるアベルブラック発色法を用いています。
下地金属と一体になっているため剥がれる心配がなく、耐久性、耐候性など金属本来の性能以上にすることができます。
【大きさ】縦10mm×横20mm(重量区分25㎏未満用) 縦40mm×120mm(重量区分25㎏以上用)
無人航空機登録要領に則した文字サイズを表示できる大きさを設定しました。
【厚さ】0.5mm(重量区分25㎏未満用) 1.0mm(重量区分25㎏以上用)
重量や耐久性などを考慮し設定しました。
【重量】約0.2g(重量区分25㎏未満用) 約36g(重量区分25㎏以上用)
軽量で無人航空機の飛行に影響を与えません。
【記号の表示方法】レーザー刻印
母材に直接記号情報を刻み込むため、印刷だと生じやすい擦れや消滅の問題は皆無です。
レーザーでの表層の不動態皮膜の欠損を補うため再形成する処理を行っています。
【表示書体】FE-SCHRIFT
ドイツで『ナンバープレートの偽造を防止する目的で開発された字体』であるFE-SCHRIFTを採用しました。
【固定方法】米軍MIL規格準拠品の接着剤
機体登録記号標の固定には高い接着力が求められるため、米軍MIL規格準拠品の接着剤を採用いたしました。
この高性能な接着剤の取り扱いは難しい一面を持ちますので、あらかじめ登録記号標の裏面へシール状に貼り付けてお届けします。
登録記号標をフィルムから剥がすだけで簡単かつ強固に機体へ貼付することができます。
一般のシールでは簡単に剝がれてしまうザラついた機体表面へも強固に貼付できます。
※貼付方法を詳しく解説しておりますので、こちらをご覧ください。
ご購入はこちら